高脂血症と糖尿病の関係

高脂血症と関係の深い病気のひとつに糖尿病があります。実に糖尿病患者の約20〜50%の方が高脂血症を発症していると言われていて、どちらから始まるかは個人差がありますが、併発しないように早めに対策することが必要になります。

 

糖尿病は、血液中にブドウ糖が増えすぎるもので、尿と一獅ノ糖が出るといった症状が見られます。血液中のブドウ糖はインスリンというホルモンの作用でエネルギーとなり消費されるために一定の範囲を保ちますが、血液中のブドウ糖が何かの原因で極端に多くなると、インスリンが不足したり、インスリンへの反応に異常が生じて血糖値が高い状態が続き、高血糖・糖尿病となります。40歳以上の5人に1人が糖尿病にかかっているとされ、生活習慣病の1つとして非常に有名です。

 

糖尿病と高脂血症の関わりとしては、過剰なブドウ糖が消費されずに残ると、肝臓で中性脂肪とコレステロールの原料とされてしまいます。高脂血症と糖尿病が併発した場合には、血液中には糖質と脂質が多くなり、ドロドロ血液となってしまいます。そうなると、動脈硬化や血栓のリスクも高まり、血管も傷つきやすくなってしまいます。

 

糖尿病も高脂血症も、高カロリーな食事によって生じやすいです。カロリーの摂取が現代人は炭水化物と脂質に偏りがちなので、できるだけ食事は栄養バランスを考えて、野菜や果物、海藻類などをしっかり摂取したり、脂質の多い肉類などは避けるように気をつけましょう。